ペットボトルやウォーターサーバーと比べた場合

このページでは、ミネラルウォーターとして広く利用されているペットボトルやウォーターサーバーに比べて、セントラル浄水器の水はどのくらい優れているのかについて、検証しています。

※セントラル浄水器として、当サイトの調査で総合第1位となった「ソリューヴ」を例に挙げて、比較しました

ペットボトルvsウォーターサーバーvsセントラル浄水器 メリット&デメリット

以下は、ペットボトルやウォーターサーバーなどで"買うお水"と、セントラル浄水器の水をタ比較した結果です。

  費用 手間 野菜洗浄への利用 ペット・植物への
利用
セントラル
浄水器
本体
235,000円(税別)
工事費
55,000円(税別)
1Lあたり0.2円
(本体・工事費を5年で償却)
取り付け工事が必須だが、以降は年1回のフィルター交換だけ 残留塩素がなく、野菜の栄養を壊さない。
水道からそのまま使えてコストが安いので、気兼ねなくジャブジャブ使える。
ペットに与えると元気になり、毛並みも艶やかに。
金魚・熱帯魚などの水換えもカルキ抜きの手間が不要。
植物もイキイキと育ち、花瓶の花も長持ち!
ウォーター
サーバー
本体 0円
(頻繁にキャンペーン実施)
ボトル 12L 1,250円程度
メンテナンス料 年5,000円
1Lあたり125円+メンテ料
定期宅配なので購入の手間はないが、都度12Lのタンクを設置するのは大変。
家の中に保管場所が必要。
野菜の栄養は壊さないが、容器に水を汲む手間が掛かる。 お湯も出せるので、赤ちゃんのミルクや離乳食にも便利。
ただし、ミネラルが多い水で結石になりやすいので、乳幼児やペットには要注意。
植物もミネラルが多いと他の栄養が吸収されなくなることがあるので、注意が必要。
ペットボトル 1Lあたり45円
(2L×6本で購入した場合の相場)
通販なら買いに行く手間はないが、空のボトルの処分が面倒。 野菜の栄養を壊さないが、容器に汲む手間が必要。
何本も使うので、かなり面倒。
ウォーターサーバー同様、赤ちゃん、ペット、植物に使うときは要注意。

ウォーターサーバーには注意が必要…セントラル浄水器なら手軽で家族も元気!

水道水がカルキ臭かったりして、水道水を飲むことに抵抗がある方がよく利用しているのが、手軽にきれいな水を利用できるウォーターサーバーやペットボトルの飲料水
日本各地の名水を汲み上げているので品質の信頼度は高いですが、やはり1Lあたりのコストで考えるとかなり割高になってしまいます。
また、無くなったらボトルの交換作業、家の中に水の保管スペースを確保、空ペットボトルの処理など、かなりの手間がかかるのがネックです。

野菜を水道水で洗うと、水道水に含まれる残留塩素で栄養素が壊れてしまうので、できればキレイな水を使いたいところなんですが… ウォーターサーバーやペットボトルの水で洗う場合、容器に水を貯めて洗わなくてはなりません。
一度野菜を洗った水は汚れてしまいますから、二番目以降に洗った野菜はキレイだとは言えませんね。
その点、セントラル浄水器なら蛇口から出るので、常にきれいな水で洗い流すことができます。

人間だけでなく、ペットや植物にも良い水は重要です。
あまり水を飲まなかったペットが浄水にしてからゴクゴク飲むようになった、なんてことも多いのだそう。
良い水は、ペットを元気にし、毛並みを艶やかにしてくれます。

植物も同様に、不純物がない水を与えるとイキイキと元気になり、花瓶の花も長持ちします。

ウォーターサーバーはお湯も出せるので便利ですが、赤ちゃんやペットにミネラルが多過ぎる水をあげると、尿結石や生育不良の原因にもなるので、注意が必要です。植物も同様に、ミネラル分が多すぎる水には要注意です。

そしてもうひとつ、ウォーターサーバーやペットボトルの大きな難点は、重たい水を運ぶ労力と、買い置きの水の保管場所。私のようなお年寄りにも赤ちゃんがいるママにとっても重労働ですし、お水様にお過ごしいただく広いお部屋を用意するのも容易ではありません。

その点、家族にもペットにも植物にも安心で、湯水のように(?)じゃぶじゃぶ使えて、狭い家の中にお水様の専用ルームを構える必要もないセントラル浄水器がオススメです。

pageup
 
人気のセントラル浄水器ベスト5
 
 
おいしくてやさしい水を全身で使おう!セントラル浄水器まるわかりガイド