水道水と比べた場合

このページでは、世界一と言われる水質の日本の水道水に比べて、セントラル浄水器の水はどのくらい優れているのかについて、検証しています。

※セントラル浄水器の水として、当サイトの調査で総合1位となったソリューヴの水を使い、検証しました

水道水に含まれるわずかな汚れも強力除去!

日本の水道水は非常に厳しい水質チェックを通過し、無害な状態で各家庭に届けられています。

とはいえ、有害物質が完全に除去されているというわけではなく、飲み続けても無害なレベルまでは除去できている、という状態。
基準よりは大幅に下回りますが、日本の水道水は多少の有害物質や不純物を含有しているのです。

主に消毒に使われた塩素、水道管の赤錆や不純物、鉛などの重金属が、有害物質や不純物として知られており、これらの物質は発がん性物質として身体を攻撃する可能性があります。また、現在の日本の水道水からは検出されていませんが、原発事故で話題になった放射性ヨウ素やセシウムなども、発がん性物質です。

これらの不純物や有害物質は、身体の中や外から皮膚にたどり着くと、肌荒れを引き起こす原因にもなります。実際に、原因不明のアトピーで悩んでいた方がシャワーやお風呂の水を浄水に替えたことで治癒した例があります。

水道水とセントラル浄水器を通した水の水質調査結果

以下のように、セントラル浄水器を使用することで、水道水に含まれている不純物や有害物質を、ほぼ完全に除去することができます。

  水道水 セントラル浄水器
塩素 僅少 【実験結果】127,200Lまで除去率100%を実現
僅少 【実験結果】50,000L程度まで除去率90%以上を実現
赤錆 僅少 【実験結果】浄水から鉄は未検出、味も異常なし
ヨウ素 なし 【実験結果】完全に脱色
セシウム なし 未実証だが、ゼオライトにはセシウム除去効果が期待できる
ミネラル あり あり

残留塩素が水の中の有機物と反応して生成された「トリハロメタン」の数値

トリハロメタンも、セントラル浄水器を使用することで、完全に除去できることが実証されています。

  水道水 セントラル浄水器 安全基準値
クロロホルム 0.015 0 0.06mg/l以下
ジブロモクロロメタン 0.007 0 0.1mg/l以下
ブロモジクロロメタン 0.013 0 0.03mg/l以下
ブロモホルム 0 0 0.09mg/l以下
総トリハロメタン 0.035 0 0.1mg/l以下

セントラル浄水器「ソリューヴ」がこんなにもパワフルな浄化作用を持つのは、わずか1ミクロンという非常に細かい濾材が使われているから。
また、フィルターに粒状・粉末状・繊維状になった活性炭に加えて「ゼオライト」という物質が入っており、鉛・ヒ素・農薬等のほか、セシウムまでも除去できます。現在の日本の水道水では検出されていませんが、原発事故後の水質が心配な方も安心して使うことができます。

ちなみに、1ミクロンという大きさは不純物は取り除きますが、身体にとって大切なミネラル成分は残すことができる絶妙な大きさ。
身体にとって有害な成分だけを除去した、理想的な水質に変えることができるのが、高性能セントラル浄水器「ソリューヴ」です。

pageup
 
人気のセントラル浄水器ベスト5
 
 
おいしくてやさしい水を全身で使おう!セントラル浄水器まるわかりガイド